膠原病内科

外来診療

膠原病内科では、膠原病(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎/皮膚筋炎、強皮症、結節性多発動脈炎、リウマチ熱)および膠原病類似疾患(シェーグレン症候群、サルコイドーシス、ベーチェット病、種々の血管炎症候群など)を治療対象とし、外来診療を行っています。当科の外来診療は、リウマチ学会の認定する専門医の資格をもった医師が当たっており、火曜(村川)、木曜(村川、杉浦/角田)、金曜(近藤)が各々担当しており、各々の患者様に最善の治療を受けていただける体制となっております。また、状況に応じて地域のかかりつけの医師と連携をとりながら、専門医としてのアドバイスをさせていただく方式もとっています。

膠原病内科

担当医(曜日別外来担当表)はこちらをご覧ください。

入院診療

膠原病内科

当科が扱う疾患のうち、外来にては治療困難な例や、関節リウマチに対する抗TNF療法(治療開始後、合併症がみられなければ外来治療へ移行します)、血液浄化療法(白血球除去療法)については入院による治療を行っております。担当主治医以外に診療科長あるいは副科長が定期的に回診を行い、膠原病内科全体でカンファレンスを行い治療の決定や問題点の解決に努めています。

教授あいさつ スタッフ紹介 診療紹介 日本脳卒中協会 島根支部 しまね認知症疾患医療センター