教授からのメッセージ

*教授 山口 修平
教授 山口 修平

第三内科は神経内科と膠原病内科を主たる専門領域にしています。

神経内科は、ヒトの脳疾患を扱うという点で大きな魅力にあふれています。臨床の場では、脳卒中、認知症疾患、神経変性疾患などを診断・治療しており、まさに救急医療から慢性期リハビリまで非常に幅の広い領域をカバーしています。これまで不治であった神経難治疾患に光が当てられ、これからの発展が大いに期待され、また多くの人材が必要とされています。そして最新の画像診断や再生医療・遺伝子医療など魅力的な領域が次々と拡がっています。きっと自分のスタイルにあった分野をみいだすことが出来ると思います。

膠原病内科は、自己免疫疾患、リウマチ疾患、アレルギー疾患を扱っています。その多くは多臓器を障害する全身性疾患です。従って、全身の臓器に対する幅広い研修を行うことが出来ます。膠原病治療の最近の進歩はめざましいものがあり、特に関節リウマチにおいては免疫抑制薬や生物学的製剤の登場により、関節破壊の予防も実現可能な時代になりました。

しかしわが国においては膠原病の専門医は少なく、現在、島根における膠原病診療の拠点として、専門医を育成し地域全体の臨床レベルの向上に努めています。

第三内科では、医局員の一人一人のライフスタイルを重視し、自らが描くキャリアプランを実現するために支援を惜しみません。夢と希望の実現のためには自分自身の努力も必要ですが、それが可能となる機会と場を提供したいと考えています。「よく学び、よく遊ぶ」をモットーに、活力あふれる教室を目指しています。島根から世界に羽ばたく人材を育てる第三内科のドアを叩いて下さい。

教授あいさつ スタッフ紹介 診療紹介 日本脳卒中協会 島根支部 しまね認知症疾患医療センター