沿革

歴代教授の業績紹介です。

初代 恒松徳五郎教授 1980-1992年

 本教室は島根医科大学開学に伴って医学部の内科学講座第三として開設された。当初は教授、助教授、講師、助手4名のわずか7名での出発であった。教授の専門分野は血液・免疫学であり、SLEなどの自己免疫疾患、白血病などの血液疾患、腎疾患を中心とした臨床研究が行われた。SLEの病態機序解明、溶血性貧血の病態生理が中心的テーマであった。また、島根難病研究所と共同で隠岐島などにおける10年間に渡る地域検診を行い,疫学的研究を行った。神経内科部門も講師と助手の2名でスタートし、脳卒中から末梢神経・筋疾患まで多彩な神経疾患を診療すると共に、島根難病研究所において脳卒中の脳循環に関する研究、脳の老化に関する縦断的研究を開始した。これらが現在の教室研究の出発点となった。1990年に坂根助教授が聖マリアンナ大学医学部教授として赴任した。

2代 小林祥泰教授(神経内科) 1993年-2005年

沿革

 恒松徳五郎教授の後、小林祥泰が教授となり、神経・血液・膠原病内科学教室として診療や研究を発展させてきた。
神経内科では脳卒中の診療に力を入れており、2002年に小林祥泰教授が中心となって脳卒中基幹病院を中心に脳卒中データバンク(Japanese Standard Stroke Registry Study: JSSRS) が日本脳卒中協会の中に設立され、日本の脳卒中の現状について大規模でかつ詳細なデータが集積され、現在も進行している。また「脳卒中治療ガイドライン2004」作成の一部を担当し、全国でも脳卒中診療の中心としての役割を果たしている。

 血液内科では、白血病、悪性リンパ腫を主体とする血液疾患全般を対象とした専門医療を行っており、島根県の血液疾患の中心的役割を果たすとともに、当院に設立されている腫瘍内科の中心的存在を担っている。
 膠原病内科では膠原病、リウマチ性疾患、血管炎症候群などの専門医療を行い、特に難治例での診療に力を入れることで、島根県の膠原病診療の中心となっている。
 2005年4月に小林祥泰教授は島根大学医学部附属病院長に就任し、教授を退任した。

3代 山口修平教授(神経内科) 2006年-

沿革

 2006年1月より小林教授の後をうけ山口修平が教授に就任し、精力的に活動を行っている。附属病院診療科再編に伴い、2006年4月1日より講座としては内科学第三として引き続き研究および学生教育を行い、診療科としては神経内科、血液内科、膠原病内科としてそれぞれ診療にあたっている。